自分だけのひみつきち4

ひとりごと

こんな社会、世間一般の普通の人々の思考、それら全てが嫌いだな。もう戻りたくない。

いろいろな人がいてもいいと思う。それが前提。それでも、私は苦手だしストレスだし嫌いだ。

常に孤独感がある。私と似た人もいる。でも私と全く同じ人はいない。それはそう。その似た部分だけ分かり合えていればいい。それでいい。

なんて言えばいい。私と同じ目で世界を見ている人と話したいのか。そんな人いるのか。

誰も理解はしてくれない。もちろん自分を100%理解してくれる人なんていない。自分が自分を100%理解できていればそれでいい。

でもそれでは苦しいから、理解してくれる人なんていないことをわかっていても、それでも、理解してほしくてこうして言葉を紡いでいる。

何も話したくない。自分のことを話すのは怖い。認知されたくない。意図しないところで自分のことを話されたくない。言葉尻をとられて面倒な言い合いを避けたい。疲れてしまう。とてもエネルギーを使う。自分の情報を与えることでいつも弱みを握られる。論点の合わないことや、卑怯なことを言われて何も言えなくなる。傷つきたくない。もうこれ以上傷つきたくない。

どんな価値観で生きていくのもその人の勝手だし自由だ。合わない人、合う人、当然いる。

私の言うことだって誰かにとっては間違いだし、誰かにとっては共感できることでもある。それでいい。

私たちは自分の意思で生きていい。本当にそれが自分の中でしっくりくることなら、それでもいい。

そこら中、人間なんてごろごろいる。一人一人考えがあって当然のこと。全く同じ人はいない。でも似た部分を持つ人は一定数いる。その部分だけ分かり合えていればいい。

…わかってくれない、わかってくれないって、まるで子どものようだな。きっといつまでもこの子どもの私が泣き叫んでいるのだろうな。非常にめんどくさい人間だ。

私は、この子どもの私をなだめ、抱きしめながら生きていかなきゃならないのだ。重くて、苦しくてしかたないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました